小樽市役所グリークラブ日記

naccam.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第1回全日本男声合唱フェスティバル大成功

朝日新聞11月29日朝刊道内版の記事です。
c0010455_9285897.jpg

11月27~28日、宮崎県立劇場に「北海道男声合唱団」として参加してまいりました。
この特設団体の構成員は、小樽市役所グリークラブ11名と男声合唱団ススキーノ6名、大雪山麓男声合唱団Oさん、広友会のMさん、JAMCAのS事務局長、そして西宮のコンクールでリクルートした山口県男声合唱協会のお三方合わせて23名。長内勲先生の指揮・工藤美智子先生のピアノで「北海道賛歌」を好演して、たくさんの方からお声をかけていただきました。
長崎県連理事長賞として焼酎1本いただいてきました。新年会で飲みましょうね。
合同は浅井理事長指揮の富士山抜粋~アサイ・マジックにかかってこちらも名演となりました。
須賀先生の水のいのち、荒谷先生の荘厳ミサも素晴らしかったです。
土曜日の合同練習と交流会も実り多いもので、そのせいか、舞台袖が焼酎の香に満たされていたような・・・・
記念すべき第1回が全国15団体の男声により恙無く終了いたしました。
企画委員の一人としてホッと胸をなでおろすと同時に講師の先生方はじめ、お世話くださった宮崎県連の皆さんに大感謝です。フルトン男声合唱団さんにも大変お世話になりました。

朝日新聞宮崎版
静岡版
山形版
出演団体
[PR]
by naccam | 2010-11-30 17:19

第111回小樽市民合唱祭

小樽日中友好協会の御支援により、中国から青島市音楽家協会合唱団を迎えて国際色豊かな合唱祭となりました。同合唱団は1999年創立、団員の多くは教育・政府機関・金融・企業管理等の仕事に携わり、芸術専門学校の卒業生です。開幕合同演奏は、小樽連盟の会員とともに約百名で、「ハレルヤ・コーラス」と「水のいのち」より「雨」。単独演奏では、中国民族歌のほか、モーツァルトのAve verum CorpusやブルックナーのAve Mariaなどを20名の素晴らしい声で満席の小樽市民会館に響かせました。
小樽ジャーナルの動画
北海道男声合唱団は「北海道賛歌メドレー」を小樽市役所グリークラブ+αは、「富士山」から1.5を長内勲先生の指揮、工藤美智子のピアノで演奏しました。

c0010455_12415297.jpg

c0010455_12421686.jpg

[PR]
by naccam | 2010-11-07 19:42

◇男声合唱の交流を目指す オッサン達の日記


by naccam
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30