小樽市役所グリークラブ日記

naccam.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

7月12日市民会館への出演依頼~よみがえる少女の像

 市内各地に建つブロンズ像の修復を目指している「小樽の像を守る実行委員会」(事務局・小樽市民会館)は、修復に必要な費用が絵葉書販売で捻出できたため、5月から第1回の修復作業に入ることになりました。
 この事業のための絵葉書販売は、小樽市民会館などの指定管理者となっているイオンディライト・大幸総業グループ(寺田龍吾館長)が呼び掛けて、昨年11月から本格的に始まっていました。

 今回、少女の像修復記念音楽祭を7月12日(土)の午後市民会館で開催することとなり、
わが市役所グリークラブにも出演依頼がありました。
新役員での調整の結果出演する方向で市民会館と打ち合わせ中です。
コンサートの概要は次のとおりで、12:00頃からのリハーサルになりそうです。
演奏曲目は、6月28日の手稲教会チャリティコンサートのプログラムから抜粋します。

□7月12日(土)小樽市民会館大ホール 午後2時開演予定
第1部 コーラスフェスティバル 
・女声コーラスマイン
・ロペリアコーラス
・銀嶺混声合唱団
・小樽市役所グリークラブ
・小樽潮陵高校音楽部
・札幌旭丘高校合唱部

第2部 21世紀の紙芝居 
 ◆石橋八千代/ナレーション 
 ◆森本千絵/ヴァイオリン
 9歳からヴァイオリンをはじめる。京都市立芸術大学音楽部卒業と同時に(財)
 名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。その後退団し、名匠(故)イフラ・ニー
 マンのもとで研鑽を積む。英国王立音楽大学演奏家資格(A.R.C.M)取得。ロン
 ドン、名古屋、京都をはじめ内外各地でリサイタル多数。’93年、朝日新聞の
 「リサイタル・オフ・ザ・イヤー」、電気文化会館(名古屋)「ザ・コンサート小ホール・
 アンコール’96」、名古屋文化事業財団「新進芸術家海外助成対象者」などに
 選ばれる。また、「音楽の友」誌はじめ各誌にてその演奏が高く評価されている。
 現在、名古屋、札幌を拠点に活動中。


像修復の詳細は、小樽ジャーナル
c0010455_13241163.jpg

[PR]
by naccam | 2008-04-26 12:42

◇男声合唱の交流を目指す オッサン達の日記


by naccam
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30