小樽市役所グリークラブ日記

naccam.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1年間ありがとうございました。

ブログ開設から1年間、3,546ヒットで2005年が終わりそうです。
1日10人の方が見てくださったことになります。書き込みはこれで99件目・・・
新年のご挨拶が、100件目になりますね。これから、富良野の母のところへ出かけて大晦日をすごします。皆さん良い年をお迎えください。

訪問者数 集計開始日:2004年 12月 10日
全体の訪問者数 3,546

記事数 99件

2005年 12月 6件
2005年 11月 7件
2005年 10月 8件
2005年 09月 5件
2005年 08月 7件
2005年 07月 12件
2005年 06月 3件
2005年 05月 6件
2005年 04月 4件
2005年 03月 7件
2005年 02月 18件
2005年 01月 11件
2004年 12月 5件
[PR]
by naccam | 2005-12-31 09:16

雪あかりの人~男声合唱と講演の夕べ

第8回小樽雪あかりの路協賛行事の続報です。
c0010455_15112697.jpg

****************************************絵司:高 博士
H本さんの新デザイン「雪あかりの人」が完成しましたので、UPします。

12月11日、長内先生とお逢いして、次のとおりの企画をご了解いただきました。
市立小樽文学館の共催と亀井秀雄館長のご講演も快諾いただけました。

◆事業名 雪あかりの人~男声合唱と講演の夕べ
◆日 時 平成18年2月12日(日)午後5時半開場 午後6時開演
 (リハーサル:午後2時~5時)
 (正午から1時間半程度、北海道男声合唱祭の企画委員会開催予定) 
◆会 場 運河プラザ三番庫 〒047-0031 小樽市色内2-1-20 TEL33-1661
 (会場は間口10m奥行き20mの石造倉庫です。)
◆入場料 1,000円
◆主 催 雪あかりの人実行委員会・市立小樽文学館
【プログラム】
●合唱組曲「雪明りの路」より  春を待つ 月夜を歩く 白い障子
●合唱組曲「吹雪の街を」より  夏になれば 秋の恋人 吹雪の街を
●合唱組曲「雪明りの路・第二」より 故郷に目ざめる 果樹園の夜 雪あかりの人
■指揮: 長内 勲
■合唱: 小樽市役所グリークラブ・札幌メールクワイア・ホクレングリーンコール・大雪山麓男声合唱団ほか北海道男声合唱祭参加団体
<休憩10分>
●講演「伊藤整の世界」■講師: 亀井 秀雄(市立小樽文学館長)

◆練習日程◆確定しました
1月15日(日) 18:00~21:00 小樽市民センター リハ-サル室
2月 4日(土) 18:00~21:00 ホクレン本所
2月10日(金) 18:00~21:00 小樽市民会館 1号集会室
[PR]
by naccam | 2005-12-11 22:16

札響/小樽ニューイヤーコンサート

c0010455_2205776.jpg
■2006年1月15日(日)午後3時開演
■小樽市民会館
■指揮 井上道義 ■トランペット 福田善亮
■演奏曲目 L.モーツァルト トランペット協奏曲
         J.シュトラウスⅡワルツ「美しく青きドナウ」
■入場料 一般4000円 学生1500円
(好評につき完売いたしました)
[PR]
by naccam | 2005-12-10 08:30

来年2月12日、運河プラザで「雪明りの路」

先日予告いたしました
「第8回小樽雪あかりの路」関連情報です。
昨日、実行委員会から協賛イベントとして「男声合唱演奏会」の正式開催依頼があり、次の基本情報をいただきました。
これをもとに、企画を練り上げたいと思いますので、皆様からのご提案・ご意見・参加意向等をお知らせいただければ幸いです。
        記

1.日時 2006年2月12日(日)午後~夜間
<例えば午後2時-5時のリハーサル、6時-8時の本番が可能>
2.会場 運河プラザ

(会場使用料については、小樽雪あかりの路実行委員会で負担、入場料徴収の場合は必要最小限とすること)
3.運営 小樽雪あかりの路実行委員会は、会場使用料の負担と会場パンフ(12万部作製)に掲載し、運営は合唱関係者に一切任せる。
[PR]
by naccam | 2005-12-06 22:20

「雪明りの路・第二」についての多田先生のコメント

9月25日開催の北海道男声合唱祭のCDを作曲者の多田先生にお送りしたところ、指揮者の長内先生あてに電話で次のような感想をお話しいただいたとのことです。
北海道男声合唱祭のMLにご報告いただきましたので、原文のまま転載いたします。

1.構成力に優れていること。
  1曲目のはじめはやや不安定に聞こえたが,それ以外は終曲まで安定
  しており,大人数にも拘わらずハーモニー,リズムの処理が的確になさ
  れていた。
2.心理描写の読み込みが優れていたこと。
  「雪明りの路第2」は「第1」と違って,伊藤整の10代後半から20代の
  多感な心の内面を強調した内容の詩を選んだが,今回の演奏はその
  文学的作品をよく読みこんだ演奏である。

要約すると以上のような内容でしたが,先生のお話しぶりから大変喜んでおられるのが感じられました。作曲者ご自身からこのようなお話を伺うことが出来,わたしも嬉しい気持ちで一杯です。
演奏に参加された皆さんに心からの感謝を申し上げます。
[PR]
by naccam | 2005-12-03 14:37

ノボシビルスク市訪問友好男声合唱団演奏会実行委員会の発足

昨日、ホクレングリーンコールさんからご連絡があり、来年9月中旬、札幌市の姉妹都市であるロシアのノボシビルスク市との提携10周年を記念して、文化交流の一環として、(財)北海道国際音楽交流協会(ハイメス)が呼び掛人となり、協会の発案で市内一般社会人の男声合唱団を組織し、グリンカ音楽院及びノボシビルスク市民との文化交流を深めることの計画が始まりましたのでお知らせします。

事業の実現、事業への参加には、様々なハードルがありますが、T中部長・K山マネージャーと相談の上我グリークラブもその推進にご協力することをお伝えしました。

■事業実施に向けた記念行事週間の概要■
国立グリンカ音楽院グーレンコ学長より、記念行事週間の概要及び、札幌市民男声合唱団の演奏予定(日程)について開催案が寄せられており、ノボシビルスク市長も歓迎の意を示しております。
(1) 創立記念行事週間
2006年9 月17日(日)~2006年9月24(日)8日間(現地日程)
(2) 記念行事概要
①同学院と友好関係にある10カ国を招待し、記念式典を行う。
②フェスティバル週間中は、演奏会、シンポジューム、本の発刊など予定されている。
③学生による市内パレードが行われ、花、果物が配られる催しがある。
(3)訪問友好男声合唱団の演奏予定
①1回目のコンサート
2006年9月18 日(月)午後7 時からノビシビルスク芸術学院のグランドホール
②2 回目のコンサート
2006年9月20 日(水)午後6 時半からノボシビルスク交響楽団のチェンバーホール
ノボシビルスクチェンバー市民合唱団と共演し、ジョイントコンサートを開催します。
(4) 演奏曲目(コンセプト)
① 日本の曲は日本語の語感やメロディーの美しい表現など、長く歌い続けていきたい曲か
ら選択。
② 北海道や札幌市など知っていただくため広く親しみやすく地域に根差した曲より選択。
③ ロシア・ノボシビルスク市で古くから歌われている民謡や、童謡等より選択
④ 楽曲的に仕上がっている合唱曲を選択。
(5)訪問友好男声合唱団の構成・総数
① 友好男声合唱団 団長 (ハイメス理事長)
② 指揮者 (未定 )
③ ピアノ伴奏者数名 (未定 )
④ 男声合唱団員 (未定 )
総数50名以内を予定
[PR]
by naccam | 2005-12-03 09:40

◇男声合唱の交流を目指す オッサン達の日記


by naccam
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31